0
メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始
福井の鍼灸院アローマ治療室の伊登です 資料請求はこちら

施設のご案内

アローマ治療室
アローマ治療室
アローマ治療室
アローマ治療室
福井の鍼灸院:アローマ治療室について
福井の鍼灸院:アローマ治療室の伊登省司と申します。
私は福井市鍼灸マッサージ師会、福井県鍼灸マッサージ師会、福井県保険鍼灸マッサージ師会の会員です。どうぞ宜しくお願いいたします。

私は、40歳のころ、中途失明しまして鍼灸師になりました。現在60歳にもなってしまいましたが、経絡治療といわれる鍼(はり)で気を整える鍼灸(はりきゅう)を行っております。体に鍼をささない鍼治療(はりちりょう)です。

私は視力を失ったのですが、そのかわりに気の流れをビジュアルに見る能力を得ました。よく言われる失明者特有の感覚のひとつだとおもいます。
こういう感覚はなんら不思議なものではありませんし、だれにでもある潜在能力だと思います。

この能力は、鍼灸(はりきゅう)治療をおこなうとき、大変役立つのです。たとえば、会話の難しい乳幼児、胎児などの健康状態がよく理解できます。それにより適切な治療が可能です。

現在、アローマ治療室では、赤ちゃん、お子様、妊婦様、経産婦さまの割合が非常に多く、専門家として働かせていただいております。至らぬ点も多々ございますが、努力を重ねてまいる所存ですので、身体の不都合でお悩みの方は、一度、お問い合わせください。

ご質問は、お問合せフォーム(0776-22-0715)からご連絡くださいませ。


アローマ治療室
アローマ治療室
アローマ治療室
アローマ治療室
皆様の愛犬を、鍼治療でお守りします。
経絡治療という鍼灸本来の方法で、皆様の愛犬を元気にいたします。犬の鍼治療はとても有効な治療です。
我が家には現在、白柴犬がいます。子犬の時にはとても病弱でした。鍼治療をしましたら、とても健やかに成長しました。もっとも、感謝されている様にはおもいませんが。
病気をすると大変ですのでとても良かったと考えております。経絡治療は犬の身体に鍼は刺しません。
気の調整をします。ですから、筋肉や関節などの運動器に関するトラブルをはじめ、色々な内臓に関するトラブルにも有効です。かかりつけの獣医師のご指導をいただきながら治療させていただきます。どうぞご相談下さい。

鍼灸施術量1回5000円 初診料及び指導料は無料です。

ご質問は、お問合せフォーム(0776-22-0715)からご連絡くださいませ。


最新情報

 
訪問いただきまして有難うございます。

YNSA療法について

この冬の豪雪で、私は完全に腰をダメにしてしまいました。

皆様同様に、何日も、雪と格闘した後に、動けなくなりました。腰が伸びず、足腰の痛
みと痺れで、歩くこともままならず、横になると、痛みとく苦しみで、目が覚めるのです。足の痙攣も頻繁に起こり、自分の身体の衰えに、いまさらながらがっかりしました。

雪はあっという間に消えましたが、足腰の痛みは増すばかり、足裏が痛くて歩行もままならなくなりました。脊柱管狭窄症の典型です。回復はとても困難な事例です。

それでも、ほおっておくことはできません。なんとかしなければ、との思いで真剣に自己治療にとりくみました。
私の専門であります、経絡治療を試みるのですが、歩みが遅く感じました。以前より医師であられます、山本式YNSA療法を試してみました。簡単に申しますと、頭に鍼をするのです。
あまりに単純な療法ですので、今までは半信半疑でした。しかしながら、私自身、追い込まれた中で、何とか打開策を講じなければなりませんので、必死でした。今振り返りますと、とてもいい加減な手法だったと思います。ところが、案に反して、痛みと痺れが随分と軽快するのでした。私自身狐につままれた様な、だまされたと感じるほど楽になるのです。しばらくすると、再び痛くなるのですが、少しずつ頭にする鍼のやり方を分析していきました。そして、今日、山本式治療法の全貌をつかんだと確信しております。もちろん、私の足腰もほぼ復活しました。本当に、山本先生の療法に出会えた事を感謝しております。これが理解できなければ、私自身、いずれ回復したかもしれませんが、大変に長い苦痛と闘わなければいけなかったでしょう。山本先生ご自身、このYNSA療法を、全くの偶然に気が付かれたそうですので、本当に不思議な事だと思います。すべての事に対して、とても感謝しております。
私の発見についてお話します。
頭に鍼をするのですが、皆様とは異なり、鍼を刺さなくてもよいと思います。あたまのツボに鍼をしますが、その際、気の不足しているツボに気を補います。その後、気の過剰なツボを探して気を抜き去る鍼をします。この方法が、今のところは最適だと考えております。考えが変わった際には、お知らせしたいとおもいます。うまくいくことを心より希望します。

犬の鍼治療は、いったい、どうやるのでしょうか。

犬の鍼治療はとても効果があります。と、申しますのも、犬は自然の生き物ですので、健康を回復する能力も、本来、とても強いのです。
犬の場合も、手足の脈で、気の流れを判断するのですが、ワンちゃんは、手足を触らせてくれません。そこで、犬の背中で、内臓の気の流れを決定します。それに従って、手足のつぼを用いて気の調節を行います。その後、背中とおなかの左右の気の流れを調整します。これでおしまい。バランスのとれたワンちゃんは、とても元気になります。


内温-ないおん-という現象について

はり灸治療を行いますと、多くの場合内温という現象が出現します。簡単に言いますと、突然、体全体が暖かくなってきます。時には、暖かいを通り過ぎて熱くなります。急に汗が出てきて、驚く事があります。気が全身に巡りますと、今まで閉塞していた毛細血管が突然開通して、暖かい血液の作用で、あったかくなってくるのです。

この時、とても良い心地やすさを感じ、充実感とリラックスを体験します。
この様に、気の流れを調整しますと、身体の全てが健全な流れと転じていきます。

普通、入浴や運動そのほか暖房器具で温めた時には、暫くすると、すぐに元のように冷
めてしまいます。ところが、はり灸治療における内温は、不思議なことに長い間暖かい状態が継続します。時には何日にもわたって続くのです。内温とは実に適切な言葉だと思います。

異次元の気のパワー

私たちは、自然界に満ち満ちた気の中に生活をしています。ところが、自然から隔絶された所に住んでいますから、気を感じる事がとてもすくないです。気を感じるなどとは全く無関係ではないでしょうか。しかしながら、自分の健康については、体内に流れる気に、大変影響を受けています。元気がないとか、気分がすぐれないとか、寒気がするとか、いつもこの気にとらわれています。

そこで、自然界の気を十分に体内にとりいれると、とても良い気分になりますし、うんと元気になれます。鍼灸はこの気を鍼をとおして、また、壺を使って身体にとりいれる治療法です。鍼を使わないで、体に直接気を取り入れる方法があります。いわゆる気功法です。アローマ治療室では、この気功法を個別にご指導させていただいております。

不妊の解消について

不妊の原因や状態については、様々な事が考えられます。気を調整して治療をしています私にとっては、とても単純な姿でとらえる事ができます。健康な方は、気の状態について表現すれば、頭寒足熱となります。不妊の時には、この逆になっています。
上実下虚と呼ばれる状態で、気が上半身に昇り、下半身は冷える状態になっております。

これを正しいきの状態にもどします。精神的にも肉体的にも、とても良いコンディションになります。良い気のバランスをどの様に継続させるかが、ハリ治療しの技術になります。そしてその変化は極めて短時間に発現します。

逆子の治療について

赤ちゃんは、おかあさんのお腹で、色々な理由で逆子の状態になります。

出産の時にとても困るのです。そこで、私たちは赤ちゃんに対して、居場所を変えてちょうだいとシグナルを、送ります。その為には、おかあさんの体の状態を改善する必要があります。
逆子治療に対する鍼灸のアプローチは、大昔からとても重要な課題でした。ですので、鍼灸による逆子治療は完成しております。私たち鍼灸師の能力の有無が試されるところです。

鍼灸治療はなんら危険性を持ってはおりません。もっとも安全な方法だと思います。元気な赤ちゃんが沢山生まれてほしいものです。

気を動かす治療

どこか痛んだり辛い時、手で押さえます。それなりに楽になるものです。

この当たり前の動作が、手を当てて治療することです。

医療の技術のなかった古代においては、超能力者の手当て人や、患者自身も強い回復力があったのではないでしょうか。
手をあてるのは、気を誘導しているのです。壷は気が出入りする治療点なのです。では、どの様に気を誘導するのかです。これには、自然界から気を集める為に、脱力して、静かに息を吐きます。手と鍼の角度が大切です。十分に気を流すと、体内で生き物が動き回る様な感覚におそわれます。電気などの単純な刺激ではなく、心地よい物を一杯からだに取り入れた満足感を得られます。気が円滑に流れ始めると、その結果、血液がとどこっている患部に行きます。治癒が開始されます。血液の細胞が目的にかなう細胞に変身して、病気が治るのです。細胞が必要に応じて変化するのです。スタップ細胞の是非の議論に似ています。私も自信はないのですが、血液細胞が変化して、他の細胞に変わるのかもしれません。いずれにせよ、この様に考えられております。

逆子治療に使う至陰

逆子治療に至陰というツボを用います。足の小指の外側にとります。全身の気の調整の後で、このツボに、お灸をしたり、軽い刺激をあたえます。すると、胎児にシグナルを送る様な結果をもたらします。このシグナルをどうやって伝えるかが大切です。どのくらいお灸をするか、どのような刺激をあたえるか、思考錯誤をくりかえしています。どの様にしたら、胎児に確実に伝達できるか、工夫をこらすのです。

出産日はきまっているので、治療の回数は限られます。至陰以外にはツボはないようです。右か左か、弱い刺激かそれとも有る程度強さをともなうべきか、判断が重要です。一般的には、軽い刺激でよいようです。逆子の治療は結果が明白です。よい結果を得られないと本当にがっかりし、未熟さを思い知らされます。
私どもにとっては厳しい評価を意識させられる治療です。それでも御一人でも安全な出産をされればと念じております。
この治療はご自身でもできます。いつでもお尋ね下さい。

私は超能力者???

私は視力がありません。でも、鍼灸治療を行う時には、気の流れをじっと見つめています。うまく進んでいるかどうか、全て見ることで確認しています。それは、私に備わった共感覚によるものです。
共感覚は、どなたにもあるそうですので、私だけが超能力者の様に主張するのは変ですね。
私自身、目を悪くしてこの仕事を始めてから、気をビジュアルに感じる能力が発現したのです。
患者さんの体をみると、必要な情報を見ることによって分かります。治療の結果も見ることにより推測できるのです。特別に熱望して訓練をうけたのではありません。必要を満たすために与えられた能力なのです。このことは本当に感謝しています。共感覚を十分に用いて、皆様に少しでもご奉仕できたらこのうえもない幸いです。

 

鍼灸で病気が治るということ。

どうして鍼灸で病気が治るのでしょうか。風邪をひいたとき、薬を飲みます。薬を飲まなかったらどうでしょうか。よほど症状が悪くなければ、対外自然に治ります。鍼灸の治療は、この自然に治る力を最大にしたものです。薬を飲みながらでもかまいません。
身体に適切な鍼灸の治療を行いますと、身体の力がすぐに高まり、快方に向かいます。快復の道筋を真っ直ぐにする為に色々なツボを用います。また、気を強めたり弱めたりしながら、全体のバランスをとってっきます。気の流れを調整しながら、最も安定したところを求めていきます。この様に鍼灸治療を行います。様々な治療と並行してはり灸治療を用いればよいと思います。

光が病人を治す。

アナスタシアという題名の本が、ロシアで読まれています。この本で、アナスタシアという名の女性が、光によって病が治ると言っています。
東洋医学では、気の調節により、病を治すと説いています。気には、光、波動、色彩という性質があります。青、赤、黄、 白、黒の5色に分けられます。病人は特有の色彩になり、病気の特徴的な色彩をおびます。この偏った色彩を平準化させるのが東洋医学の治療方法だと言えます。
この波動を利用して癌の治療を試みることが以前から研究されているそうです。
すでに完成されていると考えている方もいます。
私自身、この色彩による身体の調整に努めているところです。色彩の調節は、実に具体的で、治療経過が認識しやすいのです。この技術を完成すべく、日々努力いたしております。

森道代さん

11月23日に、森道代さんを御迎えし、アオッサにて、講演会を行います。この方は、大変ユニークな鍼灸師です。長年にわたり、青汁一杯だけで生活されている、まさに仙人です。普通に考えれば、生きていけないはずです。

やっと生きているのではなく、とても忙しく生きておられるかたなのです。

若い時の大病を断食で克服し、その後もほとんど断食状態で活躍されています。

全国で講演会に駆け回り、普段は鍼灸師として働き、映画も製作されたのです。
生きた仙人を見に来られませんか。ぜひお越しください。詳細は、アオッサにお問い合わせください。目からうろこが落ちますよ。

無免許施術について

生後間もない赤ちゃんが、無免許施術で、あいついで亡くなりました。とても痛ましい事件です。免許を持たずに、それが善意とかボランティアとかであっても、決して許される事ではありません。
小児は、まだ身体が未完成なのです。とても壊れやすく、デリケートなのです。
また、荒療治など、もってのほかです。小児鍼の際も、とても注意が求められます。施術時間もほんの数分で終了します。
今日、無免許者が、全く無秩序に営業しています。取り締まる法律はあるのですが、現実にこの様な被害者が出現しないと、実行されません。皆様、十分注意して、被害を受けないようになさって下さるよう、心からお願いします。

ハードロック

先日、久しぶりでハードロックのコンサートに行きました。小規模な会場ですので、迫力は最高でした。最初は音圧で苦痛を感じましたが、徐々に高揚した感覚に満たされ、独特の解放感でリラックスしました。以前に比べて音の種類がとても多彩になった様に思いました。コンピューターを用いて、ギター一本で演奏された方もおられ、電子音楽の変化を楽しみました。ただ、翌朝まで、難聴に苦しみました。

リスナーはほとんど若者でしたが、中高年の方にもお勧めしたいです。心身ともに元気づけられます。ハードロック、特にヘビーメタリックなロックミュージックの音楽セラピーもありではないでしょうか。楽しい時を過ごさせていただきました。

地震、雷、火事、おやじ

先日我が家に、雷が落ちました。家人も感電しましたがなんとか難をのがれる事ができました。電話、照明器具、テレビ、そのたおおくの家電製品が壊れました。
とりわけ冷蔵庫の故障には困りました。
落雷の時、まるで金属が激しくぶつかるような、キーーーンと、轟音が響きました。まさか我が家に落雷したとは全くきずかずに2日すぎました。何故屋根瓦が落下しているのか、不思議に思っていました所、ご近所の方から屋根に穴があいているとのご指摘をいただき、初めて、雷が落ちたのだと、気づきました。
落雷のさなか、愛犬が死ぬほど怯えておりました。哀れに思い、寝室に保護しました。何を思ったのか、愛犬は私のベッドに飛び乗り、大小便をしました。まさに洪水です。私にとっては、落雷よりも、おしっこの方が、大きな被害に感じました。判断が甘かったですね。

犬のツボ

昨日ですが、家で買っている白い柴犬が突然断末魔の悲鳴をあげました。どうやら、ミツバチをおもちゃにしていたら、逆襲されたようでどこかを刺されたようです。

すっかり怯えてしまい、1日おとなしくしていました。犬が蜂に刺されるなどとは初耳です。早速、鍼治療をしました。犬の経絡は、人間と基本的にはおなじです。おなかの経絡の配当を観察するとよいです。手足には毛が密集していますので、無理に鍼を刺そうとされなくてもかまいません。むしろ、鍼よばれる先の丸い鍼を用います。人と比べると、犬の方が気の流れが活発ですので、鍼を刺さなくても十分に効果があります。
鍼治療の効果があったかどうかは分かりませんが、今日はとても元気です。いろいろな事がおこるものです。犬のツボに興味がございましたらどうぞご連絡下さい。教えさせていただきます。

自然治癒

もう60年近い前のお話です。その当時は珍しいことに、重い喘息を患っておりました。

家が国鉄のすぐそばでしたので、SLが絶えず煙をはいておりました。今で言えば公害被害者でした。幸運なことに、先進的な小児科医師にめぐまれて回復できました。減感作療法の最初の成功でした。それまで色々な薬剤を服用しましたが、副作用以外、何も効果がありませんでした。アレルギーを薬品で治療するのは困難なのでしょう。無理はありません。体質的な病には自然治癒しかないのかも知れません。

鍼灸治療に用いる鍼

鍼を作られる会社は、実に昔から継続されておられる様です。鍼の素材としまして鉄、銀、ゴールド(金)があります。私はゴールドの鍼を愛用しております。理由は、ゴールド鍼が多くの気を集めるからです。ゴールド鍼は、気を注ぎ込むのに最適なのです。そして、鉄鍼は気を抜き去るのに最適です。銀鍼は、気をゆっくりと注ぐ時にもちいます。ゴールドは貴金属ではありますが、それと同時に工業製品でもあります。価格が高騰しないことを切にねがいます。

喘息と鍼灸治療

幼いころの話です。4歳ぐらいから10歳ころまで、喘息で悩みました。いつも呼吸が十分できないのです。絶えず酸素不足で、身体が楽な時がないのです。

ですので、大変痩せておりました。運動の制約もあり、遊ぶことも疲労を伴うことでした。日赤病院に入院したこともあります。大きな発作がおきた時の恐怖は鮮明に記憶しています。
成長するに伴い、徐々に軽快していきました。今とは違い、ステロイドなどの医薬品がなかったので、幸いしたのかも知れません。医薬品による悪影響は少なかったかも知れません。ところが、60歳を前にして恐れていたことがおこりました。

老人性の喘息に襲われたのです。こんどは現代医療にお世話にならなければと考えておりました。しかしながら、鍼灸師としましてなんとかしたいと考えました。友人にも手伝っていただき、なんとか全快しました。約2年かかりました。
鍼灸治療、根本的に病気を治癒させます。喘息のおそろしさを熟知している者にとりまして、誠に有りがたい治療です。

生命エネルギーと、色彩との関係について

いつもは気という言葉を用いますが、ここではあえて、生命のエネルギーと表現します。
青赤黄白黒の五つの色彩に分類されます。言い換えれば、私たちの体と健康は、五つの色彩に強く影響されています。実際、私たちは色々な色に囲まれて生活しています。食べ物もそうですね。日本食は特に鮮やかです。
不眠症の方に特にお勧めしたいのですが、就寝前、2時間ごろ、青赤黄白黒それぞれを1分間ずつ、色彩をイメージしながら深い呼吸を行って下さい。快眠を保証します。

金銭欲と病

これは、私の事であります。欲望の中で、貧しくいるよりも、豊かに暮らしたいものです。どなたか尊いお方が清く貧しく生きていただきたいと願います。ところで、多くの争いの大元は大抵金銭欲から始まります。この争いには、和解は困難です。争いの結果とんでもないことになります。自分自身を含め、周囲の人々を病の中に巻き込んでいくのです。まるでドミノだおしの様です。これを断ち切る為には、兎に角金銭欲から離れなくてはなりません。争いを終わらせなければ病を断ち切ることができません。そういうわけ、最も嫌いな清貧を選択せざるをえないのです。

心に喜びと希望を持つ

先日、福井駅前にできた落語寄席に行って参りました。巧みに作られたストーリーと、語られる話かさんの訓練された話術で、すっかり笑いの世界にいれられてしまいました。帰ってからも、その笑いの記憶がはっきりと心に刻まれています。
その記憶が心を、和ませてくれるのです。
笑いは人を健康にするそうです。いや、そんなことはありえないという方もおられます。

病気が治るのに、心の有りようがとても大切だと私は思います。

心に喜びや希望がなければ、病は治りにくいのではないでしょうか。福井の様な地方都市で 、この様な本格的な寄席が始まった事は、とても幸いなことです。成功することを熱望します。

黄金製の鍼

鍼には、ステンレス、銀、金などが用いられます。金は、圧倒的に、気を集める性質を持っています。ただ 、残念ながら、価格の面や、柔らかさの為に実用的ではありません。

わたしは、どうにかして金鍼を使おうと思っております。幸いなことに、ある鍼の製作所が、私の希望に答えてくださっております。

ここで特別に製作いただいた特注の金鍼を使用させていただいております。長さは40ミリ、太さは髪の毛ぐらいです。私たちの治療は、この様な鍼製作所に支えられてお陰さまで継続できるのです。長年にわたり、培われてきた鍼製作の技術は驚くべきものです。

忘れること

もう随分以前の事です。当時私は当てのない旅行をしていました。
香川県にある屋島の頂上付近で後ろからはがいじめにされ脇腹にどすを突きつけられるという事件にあいました。相手はその日に高松刑務所を出所したばかりの28歳男性でした。

不思議な事ですが、私は彼と穏やかに話す事ができました。

実に幸運な事でした。

彼の話によると何もかもが嫌になり人を刺して人生を終わりにしたかったそうです。

随分長い間、彼とお話をしました。電車で高松までともにし握手してお別れしました。
私にとりましては大事件だったのですが、その後20年の間すっかり忘れておりました。

人前でお話をさせていただく機会があり何か良いテーマがないかと思案していたおり、ふっと思い出しました
人は大切なことを忘れるものです。毎日、毎日、大切な事を忘れないように努力すべきなのでしょうか。

不思議な不公平

この所、株式市場がにぎやかです。私は、子どものころ、新聞の株価を見るのが好きでした。それにしても、株式市場とは、変な所だと思います。圧倒的な情報を握ったプロと、素人が同じルールで戦うのです。結果は明白ですね。このいかさま賭博場の様な不公平は、いつまで続くのでしょうか。それでも、頑張りましょうね。雨にも負けずに。。

願望とその目的

私は共感覚者です。特別な事ではありません。気の動きがビジュアルに、感じるのです。

この能力を用いて、鍼灸治療をしています。
ところで、この超能力を利用して、宝くじのロト6を当てようと画策していた時期がありました。結果は散散でした。正しい願望でなければ、目的は達成されません。しかし、大変残念でした。

 

ダメな物から、光る玉

テレビをつけると、歯磨き粉のCMが、流れていました。これぞ、私が最近愛用しています歯磨き粉ではありませんか。お陰さまで、あの怖い歯医者さんに行かずにすんでいます。
きっかけは、家人が使ったのですが、唇がはれ上がったそうです。捨てるといいますので、ちょうだいしました。これが、実に宜しいのです。 歯周病にも良いそうです。私の唇は、なんともありません。
ダメだといわれるものの中にも、光輝くものがあるものです。
鱈子の唇になるといけませんので、この商品をご紹介いたしません。
どうぞ、あしからず。

素敵な詐欺師に、カンパイ

このところ、振り込め詐欺が、ますます巧妙になっているようです。

どうしてそんなに騙されるのか、不思議に思われるかも知れません。

実話、私も詐欺にあった事があります。小売業を営んでおりました時です。

基本姿勢は、お客様を信頼するということです。

今も、この考えは、変わってはおりません。

その方は、とても信用のできそうな感じでした。服装も、大変よかったのです。

商品を、いとも簡単に詐取されました。のちに、彼は逮捕されました。

プロの詐欺師でした。
本物の詐欺師になるには、態度や服装、それに与える印象など、色々努力が必要です。

完敗でした。

出血大サービスつき

私は、バリトンホルンという楽器を演奏しております。

正しく申せば、ラッパを吹いて、多くの方々に大変ご迷惑をおかけしております。

ごめんなさい。
この楽器ですが、56000円で購入した中国製品です。

マウスピースだけは、ヤマハ楽器製のものを買いました。これが8000円でした。満足しています。ところが、この楽器、とても危険なのです。釣り針の様な部分が、私の指に刺さってしまいました。
楽器を持ったままどうしてもはずれません。家人に引きはがしてもらいました。
皮が裂けて大量の出血です。冷や汗が流れました。すぐに病院に連れて行ってもらいました。さすがは中国製です。出血サービスが、おまけについていました。

お酒は悪友か。

以前、私は酒販業を営んでおりました。

ご近所に、食堂をされておられる、とても穏やかな、お人柄の良い方がおられました。

ところが、とてもお酒がお好きで、いったん飲み始めると、全くのダメ人間に変わってしまわれるのです。

ご家族からも、お酒を売らないようにとの、ご依頼をうけました。
この様な事があり、私は酒やがすっかり嫌になってしまいました。

そのような折り、酒販業を引き受けたいという方がおられました。この様に、私は酒販業を廃業しました。

お酒は、どこででも買えるようになりました。

以前の様に、酒販店という特別なみせでないと買えない、その様な制約がひつようだと思います。お酒はいつでも楽しいお友達になってくれます。でもあっという間に、それはそれ
は怖い悪友に変貌します。近寄らないことが最良の判断です。

寛容なシステム

私は全盲ですので、買い物の折りは、障害者用の駐車ゾーンを利用させていただいております。ここは、出入り口に近く、天気の良くない日には、大抵いっぱいです。

老人、妊婦、子ども連れ、体調の良くない方なども利用可能という事で、無理のないことです。
聞く所によりますと、アメリカでは、うっかりこの様なゾーンに駐車しますと、お店から、損害賠償の訴訟を受けることがあるそうです。ドイツでは、レッカー車が来るそうです。

カナダでは、駐車違反の罰金、ニュージーランドでは、怒鳴られるそうです。

いやはや、大変ですね。それに比べて、日本はとても寛容です。
反面、私の様な障害者にとりましては、少し不親切なシステの様に感じます。所違えばと言う事でしょうか。

英語は必要か

私は、英語の個人授業を受けております。ところが、さっぱり進歩しません。

何故やるの、とよく聞かれます。なんででしょうね。

それほど好きでもないのですが。戦後、進駐軍は、占領政策として、日本の公用語を英語化しようとしたそうです。
実現しませんでしたので、良かったと思います。

英語を学んで分かるのですが、日本人にはなじまないのではないでしょうか。

学校で熱心に教えていますが、実を結んでいる様には感じられません。残念です。英語を学んでどうなるかということですが、自分の英語の能力を認識できることだと思います。

いざ実戦の時に、己の力を知っていますので、特段あわてる事もなく、分からないものは、言えない事は楽にパスできます。

慣れると言う事でしょうか。英語の必要性からのがれられないように思います。嫌ですね。

ブレークスルーな技術

ブレークスルーという言葉があります。

不可能と思われていた事を突破する、その様な力のある技術だと思います。

最近アメリカで、全く新しいバッテリーが開発されたそうです。

これを用いると、電気自動車が、とても身近なものになるそうです。

そのほかにも、色々な電気製品が使いやすくなるようです。
はり灸の面でも、難しい病気に対して、ブレークスルーな技術が必要です。それを、どうしても実現させなければなりません。挑戦し続けます。

病を治す事

人の身体は、誠に不思議な存在です。小さな受精卵から始まり、長い人では100年間、存在続けます。それは、意思を持った気の塊だと表現してよいと思います。
乳児が最も元気がよく、高齢に伴い、元気が失われていきます。
元気のあるときには、気のバランスは、調和が整っています。しかし、何らかのきっかけでその調和が失われる事があります。この状態が病気なのです。

ですから、病を治すのは、混乱した気の流れを整える事なのです。
鍼は、気を身体に注ぎ込む道具です。気の不足には、鍼を用いて気を注ぎます。
あふれている所には、鍼を用いて、きを抜き取ります。この様な作業が鍼治療です。身体の気のバランスヲ可能な限りにしていきます。ここから、病の治癒が始まります。
病歴の違いや、年齢、性別、それぞれの個性により、治癒の過程が異なります。
理解しにくいとは思いますが、鍼灸治療は、病の本質に迫る、いわゆる本治法なのです。

気を調整するという事

鍼灸治療は、気を調整することで、病気を治します。

ところで、気を調整するとは、理解しにくいことだと思います。ところが、行っている私どもにとりましては、ある面ではとても単調な作業なのです。

不思議でもなんでもない、淡々とこなしていく作業です。
人は病気になりますと、身体に穴があいた状態になります。健康であれば、自然にその穴はふさがります。自然治癒ですね。状態が悪くなると、自然治癒がかないません。本格的な病気の状態ですね。鍼をこの穴、すなはち壺に置きます。

すると、気が壺に吸いこまれていきます。十分に気が満たされると、この穴、すなわち、壺が消滅します。この時、外界にあった気の割れ目も同時になくなります。
この様な状態を、気の調整が完了したということです。この一連の作業が終わると、気の正常な循環が再開されます。この時をもって、病気の回復が始まったと考えられます。その意味で、鍼灸治療はあらゆる病気に対応できると言えます。
古代の人々は、この様な治療法を、よくも考えついたと感心させられます。鍼灸治療の基本理念は3000年間変更されていないのですから。

鍼灸治療

不思議な夏今年の夏は、とても不思議な夏です。

まるでタイか、それともフィリピンに住んでいる様です。もっとも、私は住んだ事はありませんが、大粒の雨や猛烈な暑さなど、まるで熱帯地方の様です。この為、野菜はいたみ、虫が大発生したり、ご家庭では黴が増えて、アレルギーで悩まれる方が増えておられます。
鍼灸治療はこの様な異常気象にとても有効です。

気の調整をしますと、身体はとても頑丈になります。

熱くても、食欲の減退とか不眠にはなりません。これもまた不思議な事です。

トレーニングや食養生を熱心にされても、なかなか丈夫な身体を獲得するのは難しいものです。

鍼灸治療は、個人的な努力は必要ありません。
ただ、淡々と継続される熱意だけあればけっこうです。気のバランスを整える、鍼灸治療の本質を、ぜひ体験していただきたいと願っております。

アンチエージング

アンチエージング、すなわち不老不死は、私たちの共通の願いです。

老化とは、身体が徐々に壊れていくことです。なんとも嫌なことですが。

身体は、小さな炎症により、老化していきます。炎症の原因は様々です。例えば、ウイルス感染、過大な身体の疲労、ストレスなどです。

現代医学では、アスピリンが有効だとされています。でも、副作用の為に、色々な制約があります。現在、疾病にかかっておられる方は、特に注意がひつようです。
鍼灸治療は、アンチエージングに最適だと思います。男女、年齢、病歴にかかわらず可能です。鍼灸治療は目に見えない傷を治すのに、大変力があります。120歳の長寿を目指していただきたいです。悩ましい事も御座いますが。

鍼灸治療でどうなるのか

鍼灸治療は、体の気の流れを整える事です。それによって、体は病を自ら直していきます。どの様な病気でも同様です。治らない病はありません。
それで、身体にはどの様な変化が起こるのでしょうか。具体的に御話いたします。
結論から申し上げます。それは 、たいそう楽になるのです。とても気持ちの良いものです。体がポカポカし始め、うっすらと汗ばむ状態になります。身体の余分な力がとりさられて、なんとも言えない心地よさが訪れます。多くの方が、うつらうつらと眠りにはいられます。その快適さは、2 3日ほど続きます。

この様に身体は自らの治癒力を高めるのです。本当に安全で確かな治療法だと思います。

自閉症の鍼灸治療

自閉症について、申し上げたいと思います。自閉症とは 、すなわち心と感情の自閉の状態です。アスペルガーも同様の方向ずけと考えられます。私自身も自閉傾向が強いと思っております。

他人の御話を伺うのがとても苦手です。自分自身の思考の世界に浸っているのが安心なのです。コミュニケーションはとても難しい技術だと思います。一方的に御話をされる御方もよくおられます。あいての意見を全く効かずにです。この方もまた、自閉の傾向があるのではないでしょうか。 多くの方に、自閉という問題が存在するかも知れません。
それはさておき、小児の自閉症は、直さなくてはなりません。社会的に適応していただきたいです。実際は、一部の精神薬投与を除いては、教育や訓練に重きを置かれております。
最近は、東洋医学を重視される医師も増えておられます。その方々の発表を読ませていただきますと、小児自閉症に、鍼灸治療が大きな成果をあげているようです。

以前より、夜泣、疳虫、成長不良に鍼灸治療を行ってきました。いままで、何故自閉症にたいして、積極的でなかったのか、大変疑問です。これからも、小児の自閉症にたいして鍼灸治療を頑張っていきたいと思います。

ページの終了